Studio Seiwa 設計して建てる家。スタジオ・セイワ

リフォーム


無垢材・自然素材・断熱材で価値ある健康リフォーム 暖かいイエは、家族を健康で幸せに守り続けます。

無垢=健康
カビの繁殖がアトピーや喘息の原因です。
食事の影響もありますが、住環境を改善しないと良くなるものも良くなりません。
point1

無垢材の空気層が断熱材のように結露の発生を抑えます。

冬の朝の廊下を想定し、床の冷たさの実験を行いました。新建材のフローリングと無垢床材を冷凍庫に入れておき、取り出した時の表面温度を計測。無垢材の温度は8℃、新建材は-2℃、その差は10℃もあります。
空気層を含んだ無垢材は断熱材の役目を果たし、表面温度が下がりません。
対して新建材の方は、空気層を潰してしまっているため、断熱効果もなく冷たいままです。この冷たさが人の体熱をうばってしまいます。
しばらくすると、新建材の方は結露が起こります。
これが長年続くことで、カビ菌や木材腐朽菌が繁殖し木材を腐らせ、人間の健康をも蝕んでいくのです。

真冬を想定した床の温度実験
無垢床材8度
無垢材と新建材を並べたものを冷凍庫に入れ、十分冷やした後、取り出して温度を計測。
point2

無垢材が湿気を吸収し、カビの発生・繁殖を抑えます。


新建材の部屋
無垢材の部屋
"湿気を吸わない新建材の部屋"と"調湿作用のある無垢材の部屋"をイメージした容器を用意。
同時刻に同じ量のお湯をそれぞれに入れ、湿度の変化を観察しました。2時間後、双方共に同じ室温なのに対して、湿度は30%以上の差が生じました。
これは無垢材が容器内の湿気を吸収した為に起こった現象です。「温度20℃以上、湿度70%以上」の環境はカビ菌を発生・繁殖させます。
よって新建材の部屋はカビの繁殖しやすい住まいと言っても過言ではありません。
point3

無垢材が持つ調湿作用がカビの繁殖を抑え、アトピーや喘息を緩和します。

湿度の違いが菌を繁殖させることを証明する実験を行いました。「新建材の部屋」「無垢材の部屋」を模した水槽をそれぞれ用意。
食パンを一切れずつ入れ、経過観察。
10日後には、新建材の部屋の食パンだけにカビが繁殖しました。湿度の高い部屋はカビ菌を繁殖させ、その死骸や糞が飛散し、吸入することで人体にアレルギー反応を起こすのです。無垢材が持つ調湿作用がカビ菌の繁殖を抑制し、アトピー・ぜんそくを緩和させる効果ががります。無垢材のもつ保温性と調湿作用が健康に住まう大きな要因となっているのです。

計測6日目
かび
実験開始から四日目、新建材の食パンにはカビが斑点状に発生。
かびのない食パン
無垢材は14日経過してもカビの発生は確認できなかった。
石油化学製品(新建材)の住環境では悪影響が発生
20日後の生存率は、
※ただし、実験時、金属の箱の厚みがコンクリートと同等でなかったため、同等の場合。
体から熱を奪う「冷幅射」がその原因。
 

断熱=健康

暖かい家に暮らすと健康になるメリットがいっぱい
家族の健康を守るためにも、住まいにおける健康リスクと断念製を高めることの大切さをご紹介します。
寒い家に潜む健康リスク
point1

高齢者はヒートショックに注意

住宅内での死亡者数
家の寒さや温度差は、血圧に影響する。
家庭内で起こる事故死のうち、心筋梗塞や狭心症などの心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患が原因となるものは、冬に増加する傾向にあります。なかでも、高齢者の入浴事故が増える要因のひとつに、住宅内移動時の急激な温度差で起きる「ヒートショック」が挙げられます。暖かい居間から寒い脱衣場。そして再び、暖かい浴槽へ移動することで起こる急激な温度差が、血圧を乱高下させたり脈拍を変動させたりします。これは脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な疾患を引き起こすことにつながります。
また、寒いと体の動きが鈍くなるため、高齢者の転倒事故も多発することに。冬寒い家に、いいことは何ひとつないのです。
point1

家族を守る快適室温は18度以上

リスクのある危険な症状である。
「寒い」と感じる部屋は、健康リスクのある部屋。
「冬の廊下や脱衣所が寒いのは当たり前」と考える人は、多いのでは? しかし実際には、それが原因で事故死をしてしまう人は大勢います。英国建築研究所が開発した、住宅の健康安全性の評価システムによれば、健康な温度は21℃。18℃から健康リスクが現れ、16℃以下では深刻なリスクが現れるとされています。冬の自宅の室温を思えば、衝撃的な内容ですよね。家の寒さは、血圧の上昇、肺の抵抗力弱体化、血液の濃化などを引き起こす危険性があります。これまで、日本の標準的な家の断熱性能は欧米諸国に比べると著しく低く、冬の室温が一桁台まで下がることも珍しくありませんでした。そんな住まいの環境を変えることが、健康へとつながるのです。  
 
断熱=健康
ポイント1

その体の不調は、寒さが原因!?

高断熱住宅による健康改善効果
暖かい家には、健康にいいことがたくさん!
居間とトイレの温度差が10℃以上あると、一日に移動する歩数が2,000歩も減少するというデータがあります。寒さは運動不足の要因にもなり、運動不足は当然体によくありません。暑さ・寒さによる住まいの健康リスクをなくすためには、家の断熱性能を向上させることが最短の道。冬に暖かい家なら、朝の起床や寝室から廊下に出たりするツラさが減り、活動的な暮らしを送ることができます。それに家が暖かくなれば灯油ストーブやファンヒーターの使用を控えられ、部屋の空気もキレイになります。 断熱性能を上げると、結果的に遮音性も高めることとなり、騒音ストレスの軽減や睡眠の質の向上といった健康メリットにつながります。
ポイント1

家全体を、均一に暖かくが理想的。

高断熱モデル住宅 自宅(低断熱住宅)
寝室と床表面温度は、自宅7.2度、モデル住宅21.0度の違いがある
断熱性能の高い家なら、高血圧が改善する!?
家の寒さが体に与える影響はさまざまですが、ヒートショックで起こりやすい循環器疾患(心疾患、脳出血疾患)には、血圧が大きく関係し、高血圧や動脈硬化の傾向にある人に起こりやすいといわれています。40歳以上では、室温が低下すると血圧が上昇する傾向にあり、それは高齢になればなるほど顕著です。住まいの断熱化を適切に施したモデル住宅での体験宿泊を行った際のデータでは、起床時血圧の低下、心拍数上昇(上のグラフ参照)の抑制などが認められました。また、自宅の断熱性改修前後(起床時の平均室温が8℃から20℃へ)で比較したケースでは、起床時血圧は最高血圧で12oHgの低下が見られました。

おすすめ健康リフォーム

どうせリフォームするのであれば、この先健康で暮らせるリフォームがいい。
築30年から40年に多い家の仕様 スタジオ・セイワの健康リフォーム
天井
壁
窓
床
ポイント
主に桧、赤松、パイン材、桐という素材のものを、使用場所に応じた使い分けをしています。堅い木が必要な玄関框・式台では欅、桧、水目桜を使ったりしています。
またインテリアで飾り棚、カウンター、テーブルでは桧、杉、欅、栃などお施主様のご要望に応じて製作しています。これらの材料は社長 西宮が材木市場に直接買い入れに行き、自分の目で吟味して購入してくるので、確かなものをより安価で提供できます。
今、現状の家の状態に不満をお持ちの方が、リフォームを検討されるのだと思いますが、ただ表面上だけをきれいにするのではなくて、今後の家での生活を快適なものにするために、どのようなリフォームにすべきかを、少し考えて頂きたいと思います。
簡単なリフォームでも素材を無垢材に替えるだけで、あたたかく、調湿効果があり体に優しくなります。視覚的にも癒し効果があり心も休まります。
予算が可能であれば、断熱材を替える事や、内窓の設置などで、今の新築同様の断熱性能と調湿性能の部屋で暮らすことができます。
家全体を、このようなリフォームすると相当の予算を使いますが、
いつも使用するLDKや寝室だけをリフォームすることで予算を抑える事も出来ます。
ビニールクロスで包まれた部屋と、無垢材を使用してある部屋、
どちらでこの後の生活を楽しみたいですか?
同じリフォームをするであれば、価値ある素材で、価値あるリフォームにしましょう。
健康リフォームに使用する無垢材を実際にご覧いただけます。色・柄・手触りをお確かめください。
電話番号:0120540824
健康リフォームのお問い合わせ
ページの先頭へ戻る